母乳育児で得られるメリットとは?乳児と母親両方に良いことがある

必要な知識をつけておく

多くのお母さんは、赤ちゃんが産まれたときに母乳育児と人工栄養育児について悩みをもちます。それぞれのお母さんに合った育児方法を選ぶには、基本的な知識を理解しておく必要があります。

母乳育児中に避けた方がいい食べ物

アルコールやカフェイン

アルコールやカフェインが入っている食べ物や飲み物は、母乳育児中には避けるべきです。母乳にアルコールが入ってしまい、それが赤ちゃんにまで届いてしまうと発育に影響を及ぼす可能性が高いとされています。また、カフェインの場合は、赤ちゃんの寝つきが悪くなることがあります。

菓子パン

育児中はストレスがたまりやすく、甘い食べ物を食べたくなるときがありますが、菓子パンはあまり食べすぎないようにしましょう。菓子パンには、バターや砂糖、油など高脂肪である成分が多く入っています。パンを食べたくなったときは、無添加のパンを選ぶようにしましょう。

お餅

母乳育児中に避けた方がいい食べ物として意外と知られていないものが「お餅」です。人によってはお餅を食べることで乳腺がつまりやすくなってしまいます。また、餅の原料であるもち米は、カロリーが高くおっぱいが張りやすくなってしまうので、できるだけ食べないようにしましょう。

身体を冷やす食べ物

身体が冷えると血液の循環が悪くなってしまい、母乳育児にも影響を与えてしまいます。そのため、身体を冷やす食べ物の摂取はできるだけ控えましょう。そばやあさり、昆布、トマトなどは身体を冷やす食べ物として有名です。あらかじめ、そのような食べ物についても調べておきましょう。

脂肪分の多い食事

揚げ物や肉料理など、脂肪分の多い食事は母乳育児には良い影響を与えません。絶対に食べてはいけないというわけではありませんが、食べる量には気をつけましょう。脂肪分を多く摂取してしまうと、血液がドロドロになってしまいます。血液がドロドロになると、赤ちゃんがイヤがる母乳の味になってしまいます。

母乳育児で得られるメリットとは?乳児と母親両方に良いことがある

赤ちゃんとママ

赤ちゃんからみた母乳育児のメリット

母乳育児は、赤ちゃんとお母さんの両方にメリットがあります。始めに赤ちゃんからみた母乳育児のメリットを把握しておきましょう。赤ちゃんからみた母乳育児の代表的なメリットの1つが、赤ちゃんに安心感を与えられることです。授乳中は、お母さんと赤ちゃんの肌が密着します。これにより赤ちゃんは大きな安心感を得ることができるので、ストレスを解消し、発育にも良い影響を与えます。
2つ目のメリットは、免疫細胞がもらえることです。母乳育児の最大のメリットといっても良いでしょう。母乳には免疫物質である免疫グロブリンAやラクトフェリンという成分が含まれています。この免疫細胞を赤ちゃんに与えることで、赤ちゃんは身体が強くなり、病気や感染症にかかる可能性を減らすことができます。
3つ目のメリットは、赤ちゃんのあごを強くすることです。おっぱいからミルクを吸うには大きな力が必要です。そのため、母乳育児をすることで赤ちゃんのあごの力は自然と強くなります。あごの力が強くなると、将来的に咀嚼力が強くなったり、滑舌が良くなったりします。このように、赤ちゃんからみた母乳育児には大きなメリットがいくつもあります。

お母さんからみた母乳育児のメリット

お母さんからみた母乳育児のメリットを3つ紹介します。1つ目のメリットは、ダイエットができることです。母乳を作るには大きなカロリーが必要になります。母乳育児で消費する1日のカロリーは、およそ500キロカロリーといわれていて、15分のジョギングに相当します。そのため、毎日赤ちゃんに母乳を与えることで、産後太りのお母さんも健康的に痩せることが可能です。
母乳育児の2つ目のメリットは、ミルク代がかからないことです。完全人工栄養で赤ちゃんを育てる場合、一般的に月に1万円前後のミルク代がかかります。これは、赤ちゃんを育てる環境で出費が多くなる時期には大きなダメージです。しかし、完全母乳育児ならミルク代はかからないので、節約につなげることができ、経済的にも優しいことが魅力です。
3つ目のメリットは、がんの予防効果です。最近の研究で、赤ちゃんにおっぱいを与えることで、がんの発生確率を減らすことができるという事実が明らかになりました。特に女性に多い乳がんのリスクを減らすことができ、より健康的な生活を送ることが可能になります。このようにお母さんからみても、母乳育児には大きなメリットがいくつもあります。

母乳と粉ミルクの違い

母乳

母乳をあげるためには、乳腺を開くマッサージを行うなど大変なことも多くありますが、母乳には栄養が豊富で赤ちゃんに免疫細胞を与えることもできます。

粉ミルク

粉ミルクは、母乳よりも消化吸収が遅いことが特徴です。母乳に比べて腹持ちしやすいので、赤ちゃんは長時間の睡眠を取りやすくなります。

広告募集中